Home クライアント 相馬直樹

クライアント

相馬直樹 - Naoki SOMA -

相馬直樹
サッカー指導者
生年月日:1971年7月19日
出身地:静岡県
身長:175cm/体重:72kg

経歴

清水東−早稲田大学−鹿島(’94)−東京V(’02)−鹿島(’03)−川崎(’04)ー町田ゼルビア(監督)

「僕らが評価されるのはグラウンド上で何ができるかということだけ。これまでは当たり前のことをやってきただけ」

日本を初めてW杯に導いた、左サイドバックの代名詞ともいわれる選手。日本代表時代は積極的なオーバーラップを武器に大活躍し、加茂・岡田・トルシエと3人の監督のもとでプレー。また頭脳派としても知られる。鹿島では不動のサイドバックとして黄金時代を築いた。 2005年シーズンで引退。

現在はサッカー解説、各媒体へのコラム執筆、サッカー教室を中心に活躍。2010年よりJFL町田ゼルビアの監督となる。

2006年
(財)日本サッカー協会(JFA)アンバサダー就任
川崎フロンターレ クラブアシストパートナー契約
FIFAワールドカップドイツ大会 TBS解説

2007年
JFA公認B級コーチライセンス取得

2008年
早稲田大学大学院スポーツ学科 修士課程終了
北京オリンピック JCサッカー解説

2009年
JFA公認S級コーチライセンス取得見込み
JFAナショナルトレセンコーチ就任

現在の主な活動

・川崎フロンターレ クラブアシストパートナー(2006〜)
・「ファイト川崎フロンターレ(テレビ神奈川)」
・川崎フロンターレU-18アシスタントコーチ就任(2008〜)
・TBS サッカー解説者(2006〜)
・毎日新聞社 コラム 「ボールは指揮者」(2006〜)
・ASSC(朝日新聞)サッカー教室(2006〜)
・文部科学省・(財)日本体育協会 トップアスリート派遣事業指導講師(2007〜)
・Jスポーツ プレミアリーグ解説(2007〜)

実績

・川崎フロンターレ タウンミーティングパネラー(07年3月) テーマ:「地域と市民クラブとの関わり」
・大東文化大学講演(スポーツ科学科向け)(07年6月) テーマ:「元日本代表選手と考えるスポーツ指導者像」
・キャリア教育シンポジウムパネラー(07年7月)
・全日空(ANA)サッカー教室 @中国・広州(07年11月)
・早稲田大学講演(スポーツビジネス向け)(07年12月) テーマ:「プロサッカー選手という夢」
・講義録集『トップスポーツビジネスの最前線2008(平田竹男/中村好男編著・講談社)』にて収録
・月刊誌『サッカークリニック』(ベースボールマガジン社) 連載コーナー「サイドからの眺め」(06年〜08年)
・月刊誌『JÅfsサッカー』 (ニューズ出版) 連載コラム「Eyes On」担当(06年〜08年)
・JFAアンバサダー(06年〜08年)

書籍

・『サイドプレーヤーの本質/相馬直樹責任編集』 ベースボールマガジン社 (08年5月発行)
・『DVDでよくわかる!サッカー/相馬直樹監修』 西東社(07年9月発行)

このページを印刷する このページを印刷する

ページトップへ

  • 香川愛生
  • 勝間和代
  • 上念司
  • たかまつなな
  • 立川談慶
  • 中野信子
  • 三須亜希子
  • 山下春幸