Home クライアント 立川談慶

クライアント

立川談慶 – Dankei TATEKAWA -

立川談慶
落語家
生年月日:1965年11月16日
出身:長野県上田市(旧丸子町)
 
落語立川流真打で著述家。「本格派(本書く派)落語家」。
慶應義塾大学卒業。1988年(株)ワコール入社も芸人の夢を諦めきれず1990年吉本興行福岡1期生オーデションに合格し所属となる。1991年(株)ワコールを退社、吉本興業も退所。立川流Aコースに入門「立川ワコール」を名乗る。2000年二つ目に昇進、師匠七代目立川談志による命名で「立川談慶」に改名、2005年真打昇進(慶應義塾大学卒初の真打)。趣味の筋トレは50歳を超える今でもベンチプレス100㎏以上を上げる。著述業は落語家として異色の20冊を超える。

講演目録

① 教養としての落語
② 落語の“笑い”で、心の“ゆとり”を
③ 落語コミュニケーション論
④ めんどくさい人のかわし方、接し方
⑤ 大切なことはすべて立川談志に教わった
⑥ 落語家流マナー講座
⑦ 落語から学ぶ話し方講座
⑧ 落語家流コロナ撃退法

メディア実績

現在出演中

・NHKラジオ第1「らじるラボ~らくごフムフム」毎月第4(火)
・Yahoo!ニュース 公式コメンテーター
・オンライン「落語コミュニケーション論」ほぼ毎月1回

情報・バラエティー

・フジテレビ系「アウトデラックス」
・テレビ朝日「プレゼンクイズバラエティーQさま」
・テレビ静岡系「テレビ寺子屋」
・中部日本放送系「ゴゴスマ」
・BSトゥエルビ「BOOKSTAND.TV」
・NBS長野放送「NBS月曜スペシャル」
・NHKBS「おーい、ニッポン~今日はトコトン長野県」
・BS日テレ「鉄道唱歌の旅」
・J-COM「東京下町人図鑑」等

ドラマ

・TBS「月曜ミステリー劇場 検察審査室」
・テレビ朝日「土曜ワイド劇場 遺言執行人」
・フジテレビ「金曜エンタテインメント 凶笑面」
・テレビ朝日 アニメ「ご姉弟物語」等

ナレーター

・東京グルメ噺
・長野県東御市コミュニティバスナレーション等

DVD

・快適生活「立川談慶の昭和見聞録DVD」

舞台/イベント

・ザ・コンボイ瀬下尚人氏ユニットライブ
・INSPIコラボ「アカペラ落語の会」企画/脚本/演出
・三越劇場「レッドスネーク、カモン!!」立川談志役等

執筆

・信濃毎日新聞コラム「談慶の意見だ!」
・プレジデント PRESIDENT ONLINE

その他

・長野県佐久市コスモホール館長

書籍

・『談慶の意見だ 絵手紙集』(信濃毎日新聞社 2011年)
・『大事なことはすべて立川談志(ししょう)に教わった』(KKベストセラーズ 2013年)
・『この一冊で仕事術が面白いほど身につく落語力』(KKベストセラーズ 2014年)
・『いつも同じお題なのに、なぜ落語家の話は面白いのか』(大和書房 2015年)
・『「めんどうくさい人」の接し方、かわし方』(PHP研究所 2016年)
・『なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか』(日本実業出版社、2017年)
・『落語家直伝 うまい!授業のつくりかた 』(誠文堂新光社、2017年)
・『人生を味わう古典落語の名文句』(PHP文庫、2017年)
・『イケメン落語・紙入れ』(パルソラ 2017年)※電子配信のみ
・『慶応卒の落語家が教える「また会いたい」と思わせる気づかい』(WAVE出版、2018年)
・『老後は非マジメのすすめ』(春陽堂書店、2019年)
・『デキる人はゲンを担ぐ』(神宮館、2019年)
・『談志語辞典』(誠文堂新光社、2019年)
・『教養としての落語 -ビジネスエリートがなぜか身につけている』(サンマーク出版、2020年)
・『人生、オチがよければすべてよし!』(晶文社、2020年)
・『談志が教えてくれたボケの一念』(秀和システム、2020年)
・『安政五年、江戸パンデミック。江戸っ子流コロナ撃退法』(エムオン・エンタテインメント、2020年8月)
・『落語はこころの処方箋』(NHK出版、2020年9月)
・『花は咲けども 噺(はな)せども 神様がくれた高座』(PHP文芸文庫、2021年5月)
・『仕事も人間関係も生き苦しい人のための 落語に学ぶ粗忽者(そこつもの)の思考』(WAVE出版、2021年6月)
・『不器用なまま、踊りきれ。 超訳 立川談志』(サンマーク出版、2021年10月)

このページを印刷する このページを印刷する

ページトップへ

  • 中野信子
  • 勝間和代
  • あおい有紀
  • 大塚まき
  • 香川愛生
  • 是永大輔
  • 上念司
  • 白濱龍太郎
  • たかまつなな
  • 立花龍司
  • 立川談慶
  • 平方彰
  • 深井順子
  • 山下春幸

Japan Sports Marketing 【株式会社ジャパン・スポーツ・マーケティング】