Home クライアント 香川愛生

クライアント

香川愛生 - Manao KAGAWA -

香川愛生
女流棋士
生年月日:1993年4月16日
出身地:東京都調布市
棋士番号:40
師匠:中村修九段

 

幼少期から将棋の才能を開花させ、2005年(小6)と2006年(中1)の女流アマ名人戦で2連覇を達成。 アマチュア時代の活躍をきっかけにプロを志し、2008年に弱冠15歳で女流棋士としてプロデビューを果たす。 2012年から立命館大学へ進学、将棋と学業の両立をさせながら2013年に初めてのタイトル挑戦で初戴冠。翌年も防衛し連覇。女流棋士トップクラスの実力を持ちながらも、将棋普及のためにテレビやイベントなどにも精力的に出演しYoutuberとしても活動。 将棋以外のゲームへの情熱も高く、趣味がきっかけで広がった人脈は現在の幅広い活躍につながっている。 愛称は「番長」。

経歴

2008年 女流棋士デビュー(女流2級)
2013年 タイトル(女流王将)初挑戦(女流二段に昇段)
女流王将獲得(女流三段に昇段)
2014年 第64回NHK杯テレビ将棋トーナメント出場
2017年 立命館大学文学部 言語コミュニケーション専攻卒業
2021年 女流四段に昇段

メディア

テレビ

・NHK「お好み将棋対決」
・NHK「ニッポンのジレンマ」
・日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」
・日本テレビ「ナカイの窓」
・日本テレビ「ダマされた大賞」
・テレビ朝日「未解決の女season2」
・テレビ朝日「くりぃむクイズ ミラクル9」
・テレビ朝日「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」
・テレビ朝日「お願い!ランキング」
・テレビ朝日「ワイド!スクランブル」
・テレビ朝日「熱闘!Mリーグ」
・TBS「東大王」
・TBS「有吉ジャポン」
・TBS「林先生が驚く初耳学!」
・CS TBS「かなりんのトップ目とれるかな?」
・フジテレビ「キスマイ超BUSAIKU!?」
・フジテレビONE「いいすぽ!」
・テレビ東京「ポケモンの家あつまる?」
・テレビ東京「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」
・TOKYO MX「りゅうおうのおしごと!~かんそうせん~」
・TOKYO MX「お江戸に恋して」
・TOKYO MX「5時に夢中!」
・CBC「本能Z」
・映画・チャンネルNECO「コスプレイヤー・美保純」
・tocotocoTV(フランスのTV)
・AbemaTV「スピードワゴンの月曜TheNIGHT」
・AbemaTV「AbemaPrime」
・AbemaTV「ALL STAR LEAGUE」
・Youtube等「ポケモン竜王戦」
・ニコニコ生放送 ファミ通チャンネル
レギュラーMC「カドカワ株式会社 週刊ファミ通編集部」
・ニコニコ生放送 「アルティメット人狼チャンネル」
・ニコニコ生放送Game*Spark 「 風林火山!しゃどばす塾」
・将棋プレミアム「まなおが行く!−最強女流棋士への道−」
・囲碁将棋チャンネル
・短編映画「女流棋士の春」主演

 

ラジオ

・NHKラジオ第1「クリス松村の音楽の処方箋」
・TBSラジオ「山形純菜プレシャスサンデー」
・bayfm「The BAY☆LINE」
・TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」

 

ゲーム・アプリ

・HEROZ「将棋ウォーズ」声優 本人
・コーエーテクモゲームス「三国志ヒーローズ」声優 貂蝉役
・マイナビ出版「将棋レボリューション 激指 13~15」 声優 本人
・SilverStar「香川愛生とふたりで将棋」

 

書籍

・マイナビ出版「職業、女流棋士」

 

新聞・雑誌

・朝日新聞朝刊「香川愛生の駒音だより」毎週火曜日連載(2017年10月-2018年1月まで)
・電撃Nintendo(2017年8月21日発売号)
・週刊プレイボーイ(21号)
・週刊文春(2018年6月7 日発売号) 他多数

その他

・シュガーチャージ 推進協議会 アンバサダー(2018年~)
・マジック:ザ・ギャザリング(2019年)

趣味・資格

・日本シャーロック・ホームズクラブ会員
・フランス語検定3級
・日本漢字能力検定2級

・映画鑑賞

タイトル保持・受賞歴

・第35期女流王将(2013年)
・第36期女流王将(2014年)
・第41回将棋大賞女流最多対局賞(2013年度)
・第42回将棋大賞女流棋士賞(2014年度)
・京都府 みやこの文化輝き賞

このページを印刷する このページを印刷する

ページトップへ

  • 中野信子
  • 勝間和代
  • 小島慶子
  • あおい有紀
  • 香川愛生
  • 是永大輔
  • 上念司
  • 白濱龍太郎
  • たかまつなな
  • 立花龍司
  • 立川談慶
  • 平方彰
  • 深井順子
  • 山下春幸

Japan Sports Marketing 【株式会社ジャパン・スポーツ・マーケティング】