Home クライアント 立川談慶

クライアント

立川談慶 – Dankei TATEKAWA -

立川談慶
落語家
生年月日:1965年
出身地:長野県生まれ。
1965年長野県上田市(旧丸子町)生まれ。
慶應義塾大学経済学部を卒業後、(株)ワコールに入社。
3年間のサラリーマン体験を経て、91年立川談志18番目の弟子として入門。 前座名は「立川ワコール」。
2000年に二つ目昇進を機に、立川談志師匠に「立川談慶」と命名される。
05年、真打昇進。
慶応大学卒業の初めての真打となる。

経歴

1965年 長野県上田市(旧丸子町)生まれ。駿台甲府高等学校を経て慶應義塾大学経済学部卒業。
1988年 株式会社ワコール入社、福岡支社に配属
1991年 4月 同社を退社。翌月に立川流Aコースに正式入門、前座名「ワコール」
2000年 12月 二つ目に昇進、談志の命名により「談慶」に改名
2005年 3月 真打昇進(慶應義塾大学では初の落語家)
2006年 3月 ひかり荘で25時間連続落語、25席を演じる。
2013年 2月 アカペラボーカルグループINSPIとのコラボ「アカペラ落語の会」を企画・脚本執筆・演出・上演。
2013年 7月 「大事なことはすべて立川談志に教わった」(KKベストセラーズ)を出版。
2014年 9月 「この一冊で面白いほど仕事術が身に付く~落語力」(KKロングセラーズ)を出版。
2015年 7月 「いつも同じお題なのになぜ落語家の話は面白いのか」(大和書房)を出版。

メディア実績

著書

・『大事なことはすべて立川談志に教わった』(KKベストセラーズ)
・『談慶の意見だ 絵手紙集』(信濃毎日新聞社)
・『この一冊で面白いほど仕事術が身に付く~落語力』(KKロングセラーズ)
・『いつも同じお題なのになぜ落語家の話は面白いのか』(大和書房)
・『「めんどうくさい人」の接し方、かわし方』(PHP文庫)

このページを印刷する このページを印刷する

ページトップへ

  • 香川愛生
  • 勝間和代
  • 上念司
  • たかまつなな
  • 立川談慶
  • 中野信子
  • 三須亜希子
  • 山下春幸