Home クライアント 遊佐雅美

クライアント

遊佐雅美 - Masami YUSA -

遊佐雅美
ライフセイバー
生年月日:1973年9月10日生
出身地:神奈川県
身長:156cm/体重:50kg

経歴

東京健康科学専門学校ー西浜ライフセービングクラブ

「その一歩一歩が、前人未到」

ビーチフラッグス全日本選手権16連覇中
ビーチフラッグス世界選手権4回優勝

著書に「遊佐雅美のスイミング・マスター」
笹川スポーツ財団 評議委員 H18年〜(2期目)
※理事、評議員の中で唯一の現役選手、最年少

高校卒業後、東京健康科学専門学校に入学。 現在のライフセービング協会の理事長、小峯力先生の一言によって、ライフセーバーの道を歩む事となる。

海で行う競技ビーチフラッグス(20mの距離を進行方向とは逆に向きうつ伏せの姿勢で合図と共に人数より1本少ないチューブ旗を取り合う競技)の第一人者であり、大会に参加するようになった2年目の年(1994年)から国内では敵なし。

現在は前人未到の全日本選手権17連覇中。また2年に1度開催される世界大会でも4度優勝と抜群の成績を残している。

主な成績(2001年以降)

2001年
ジャパンサーフカーニバル  ビーチフラッグス優勝
第27回 全日本ライフセービング選手権大会  ビーチフラッグス優勝
全米選手権大会(アメリカ) ビーチフラッグス優勝
ワールドゲームズ(秋田) ビーチフラッグス優勝

2002年
ジャパンサーフカーニバル  ビーチフラッグス優勝
第28回 全日本ライフセービング選手権大会  ビーチフラッグス優勝

2003年
ジャパンサーフカーニバル  ビーチフラッグス優勝
第29回 全日本ライフセービング選手権大会  ビーチフラッグス優勝

2004〜9年
全日本ライフセービング選手権大会  ビーチフラッグス優勝

このページを印刷する このページを印刷する

ページトップへ

  • 香川愛生
  • 勝間和代
  • 是永大輔
  • 上念司
  • 白濱龍太郎
  • たかまつなな
  • 立川談慶
  • 中野信子
  • 深井順子
  • 三須亜希子
  • 山下春幸

Japan Sports Marketing 【株式会社ジャパン・スポーツ・マーケティング】