Home クライアント 白濱 龍太郎

クライアント

白濱 龍太郎 - Ryutaro SHIRAHAMA -

白濱 龍太郎
医学博士 / 睡眠学研修者
社会医学系指導医・専門医
日本睡眠学会認定医、日本内科学会認定医、日本医師会認定産業医
出身地:東京都

学歴

2002 筑波大学医学群医学類 卒業
東京医科歯科大学大学院加齢制御医学 修了(医学博士)

職歴

教育・研究関連

2002-2003 東京医科歯科大学医学部付属病院研修
2003-2005 国家公務員共済組合東京共済病院呼吸器内科医員
2006-2010 東京医科歯科大学呼吸器内科学医員
2010-2013 東京医科歯科大学睡眠制御医学快眠センター医員
2013-2014 武蔵野学院大学専任准教授
2014- 順天堂大学公衆衛生学客員講師(現任)
2018- Visiting Scientist, Harvard Medical School & Harvard TH Chan School of Public Health(予定)

臨床関連

2010-2015 医療法人 銚子市立病院睡眠センター長
2013- 医療法人杉山病院 副院長(現任)
2014- 医療法人RESM(リズム)理事長・RESM新横浜院長(現任)

その他

2014 経済産業省海外睡眠時無呼吸症候群プロジェクト員(インドネシア、中国)
2014-2016 早稲田大学スポーツ科学未来研究所招致研究員
2014- 丸八真綿睡眠研究センター所長(現任)
2015- 横浜市医師会代議員、横浜市医師会常任理事(現任)
2017- 財団法人国際交通安全学会(IATSS)特別研究員(現任)

著書

・睡眠時無呼吸症候群を治す      (日東書院)
・ビジネスマンの睡眠コントロール術  (幻冬舎)
・病気を治したければ「睡眠」を変えなさい (アスコム)
・人生が劇的に変わる睡眠法       (プレジデント)
・誰でも簡単にぐっすり眠れるようになる本(アスコム)
・9割の不眠は夕方の習慣で治る (SB出版)
・良質な睡眠 ~睡眠と無呼吸症候群~ (内外出版)
・ぐっすりの練習ノート (教育実務出版)
・ビジネスマンのためのいつも「ぐっすり」眠れる本(アスカ社)
・今日の治療と看護(共著) (南江堂)

発表、講演(睡眠医学関連・抜粋)、その他

APSS(A JOINT MEETING OF AASM AND SRS)2017、第15回日本睡眠歯科学会(ランチョンセミナー)、第41回日本睡眠学会(シンポジウム)、第90回産業衛生学会(シンポジウム)、第23回行動医学会(シンポジウム)、第40回日本睡眠学会、第39回日本睡眠学会、第38回日本睡眠学会、第37回日本睡眠学会、第26回疫学会、経済産業省海外SASプロジェクト(上海、ジャカルタ)、防衛省内部講演会、虎の門病院睡眠センター講演会、フィリプス合弁会社社内講演会、MSD株式会社社内講演会、エーザイ株式会社社内講演会、武田薬品社内講演会、丸八真綿社内講演会、ROHM社内講演会、全国旅客業講演会、神奈川県民共済主催講演会、港北区民公開講座、相模原市民公開講座、厚木市耳鼻科医会学術講演会、泉区医師会学術講演会、港北区医師会学術講演会、都筑区医師会学術講演会、香取市医師会学術講演会、旭市医師会学術講演会、香取市医師会学術講演会、足利市主催講演会、銚子市医師会学術講演会、西武そごう講演会、アクタス講演会
林修の今でしょ、ためしてがってん、モーニングバード、グットモーニング、モーニングショー

ヒルナンデス、ジョブチューン、Nスタ、ワールドビジネスサテライト、スーパーJチャンネル、ノンストップ、あさチャン、解決ないないアンサー、私の何がイケないの、その差 朝日新聞、日本経済新聞、産経新聞、婦人公論、週刊現代、週刊女性、週刊SPA 他

論文(一部抜粋)

1.Obstructive sleep apnea syndrome should be considered as a cause of nocturia in younger patients without other voiding symptoms. Can Urol Assoc J 2016;10:241-5.
 Takahiro Maeda, Koichi Fukunaga, Hirohiko Nagata, Mizuha Haraguchi, Eiji Kikuchi, Akira Miyajima, Wakako Yamasawa, Ryutaro Shirahama, Midori Narita, Tomoko Betsuyaku, Koichiro Asano, Mototsugu Oya, M
2.Proteome Analysis of Bronchoalveolar Lavage Fluid in Chronic Hypersensitivity Pneumonitis. Allergol. Int. 61(1), 83-92, 2012
 Proteome Analysis of Bronchoalveolar Lavage Fluid in Lung Fibrosis Associated with Systemic Sclerosis. Allergol. Int. 59(4), 409-415, 2010-12-01
3.Ryutaro Shirahama , Yasunari Miyazaki , Tsukasa Okamoto , Naohiko Inase , Yasuyuki YoshizawaTsukasa Okamoto, Yasunari Miyazaki, Ryutaro Shirahama , Meiyo Tmaoka , Naohiko Inase
4.Japanese people and sleep apnea syndrome (in Japanese).The bulletin of Musashino Junior College 27, 383-386, 2013
 白濱龍太郎
5.Detection of sleep apnea syndrome for atrial fibrillation patients using ECG signal. Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering.2014,52: 394-395
 竹内公一、清野健、杉山裕章、白濱龍太郎、鈴木康之、野村泰伸、山本義春
6.Epidemiology of sleep disordered breathing(SDB).Respiratory medicine 28(3),171-177,2015
 和田裕雄、白濱龍太郎、関山タマミ、谷川武
7.睡眠呼吸障害とトラック運転者の交通事故との関連についての研究.平成26年度タカタ財団助成研究論文
 高橋正也、和田裕雄、丸山広達、白濱龍太郎、江口依里、淡野桜子、谷川武
8.主治医と産業医の連携に関する有効な手法の提案に関する研究総括・分担報告書
平成26年度から平成28年度労災疾病臨床研究事業費補助事業
 白濱龍太郎、和田裕雄、谷川武、織田裕孝、松平浩、竹村洋典、福田洋、桑原博道、横山和仁
9.知っていますか、SASは恐ろしい病気. ろうさい.24,1-8,2015
 白濱龍太郎、谷川武
10.寝る直前のテレビ、スマホは厳禁。睡眠の”質”を上げる生活が、うつや重病を遠ざける
 婦人公論 100(17), 24-26, 2015-08-25
 白濱龍太郎
11.睡眠時無呼吸症候群について(特集 睡眠障害:成因・診断・治療).Cefiro (21),17-22,2015
 白濱龍太郎
12.『テクノロジー・ロードマップ「睡眠」2016-2026』日経BP未来研究所
 白濱龍太郎、和田裕雄、谷川武
13.『テクノロジー・ロードマップ「睡眠」2017-2026』日経BP未来研究所
 白濱龍太郎、和田裕雄、谷川武

このページを印刷する このページを印刷する

ページトップへ

  • 香川愛生
  • 勝間和代
  • 是永大輔
  • 上念司
  • 白濱龍太郎
  • たかまつなな
  • 立川談慶
  • 中野信子
  • 深井順子
  • 三須亜希子
  • 山下春幸

Japan Sports Marketing 【株式会社ジャパン・スポーツ・マーケティング】